東京の木を使う

東京の木を使う

集成材でなく無垢材を、しかも国産材を用いて質の高い木の家を。そんな理想の木の家づくりを支える仕組みの一つが「地域材の利用」です。わざわざ遠くから運び込むまでもなく、近隣の山には森があり、良質の杉材があります。

その土地の気候風土で育った木は、輸送コストが抑えられるだけでなく、建てた後も長年、風雪に耐える力を持ち、さらにその土地の職人はその土地の木の熟練者でもあります。すなわち、「材と技の地産地消」と言うこともできます。それは作業効率を上げ、少ない手間で「質の良いリーズナブル」を目指す木の家として一つの提言でもあります。

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ
このページのトップへ