メディア掲載

2016

 

NEW!
BSフジ
2015/01/22

小金井市「アトリエのある家」をご紹介していただきました!

BSフジ「たとえば、こんな暮らし」

2015

NEW!
TV東京WBS
2015/01/22
23:00~

木造ドミノ住宅の可能性ということで、入居者が自身で手を加えるDIY住宅としてご紹介していただきました。

TV東京WBS「個性派住宅で勝負!」

2013

ねんきん生活  発行:主婦と生活社
2013/04/15
P.50-P.53

「これから年金」世代の心地いい住まいの実例として、むさしのiタウンの住まい手Aさんが紹介されました。「終の棲家について考えませんか?」と題して、リフォームと住み替え、それぞれを選ばれた経緯やその後の暮らしぶりが、実例でわかりやすく紹介されています。Aさんはマンション暮らしでしたが、「土を身近に感じたい…」という思いから、定年を機に思い切って建売を購入されました。その決断を後押ししたのが、東京の都有地を活用した「定期借地」という選択肢でした。
関連記事
>定期借地権付き、建築条件付き宅地分譲「ソーラータウン多摩湖町」
>野沢正光建築工房プロフィール
>木造ドミノ住宅施工例
>まちづくり ソーラータウン実例
>野沢正光さんデザイン「ドミT」 

住宅建築  発行:建築資料研究所
2013/04/01
P.52-P.61

特集「奥村昭雄を分解する」 『住宅建築』4月号では、OMソーラーシステムの開発者でもある奥村昭雄さんの限りなく広がる探究心や、 独特なものづくりの世界をご紹介しています。
特別記事「真に長持ちする建築とは・ソーラータウン府中」「木造ドミノ住宅」(設計野沢正光建築工房) 東京都都市整備局が推進する住宅事業のひとつである「長寿命環境配慮住宅モデル事業」として計画された「ソーラータウン府中」が10ページ渡り掲載されました。
環境共生住宅の原点から、次世代を担う住まいの研究を紐解いて読むことができる永久保存版の一冊です。
関連記事
>奥村昭雄さんデザインTシャツ
>野沢正光建築工房プロフィール
>木造ドミノ住宅施工例
>まちづくり ソーラータウン実例
>野沢正光さんデザイン「ドミT」 

はじめてのスヌード  発行:芸文社2013/10/01

ソーラータウン府中「木造ドミノ住宅」モデルハウスを、撮影のスタジオとして使用していただきました。自然素材の柔らかいインテリアの雰囲気や家具を上手に入れ込んだ写真は、新鮮な目線で空間を感じられます。
記事の紹介はこちら

ゆび編みの本  発行:芸文社2013/01/01

ソーラータウン府中「木造ドミノ住宅」モデルハウスを、撮影のスタジオとして使用していただきました。
記事の紹介はこちら

2012

チルチンびと 発行:風土社2012/10/01

特集「花と緑と暮らす」の中で、建築家永田昌民さんの自邸が紹介されました。以前住まわれていたお家から新居へ移る際、庭の植物たちも一緒に引越ししました。竣工してから9年が経ち、旗竿敷地のアプローチは緑で生い茂り、緑のトンネルのようになりました。

多摩ら・び
発行:(株)けやき出版
2012年8月15日
p34

多摩に生きる大人のくらしを再発見する情報誌「多摩ら・び」の「特集:すまう」すまいの知恵-既存のエネルギーに頼らない暮らし-として、木造ドミノ住宅モデルハウスが紹介されました。木造ドミノ住宅の特徴と、OMソーラーのしくみがくわしく掲載されています。

住宅建築
発行:建築資料研究社
2012年6月1日
p23-33

「特集:家を身に纏う 7つの小住宅」の中で、建築家伊礼智さんのあずきハウスが掲載されました。プライベートとパブリックを分ける家具のある家として紹介されています。

住宅建築
発行:建築資料研究社
2012年4月1日
p18-22

特集:台所の原風景。台所の設計作法をテーマにして、建築家の伊礼智さんと川島千晶さんの対談が行われました。その中で、施工例、伊礼智設計室の事務所の台所が紹介されました。

伊礼智の住宅設計
発行:(株)エクスナレッジ
2012年4月28日

建築家伊礼智さんの著書。伊礼智さんと相羽建設が標準化について考える出発点となったまちづくり「ソーラータウン久米川」や、i-worksのお話など、たくさんの事例と共にがくわしく書かれています。なぜ標準化なのか?心地良い空間、高い品質、意匠性、コストコントロール、いま注目の建築家・伊礼智さんが実践する、「標準化」を駆使した豊かな住まいの設計術。

SOLAR JOURNAL
発行:(株)アクセスインターナショナル
2012年夏号 vol.2
p82-83

誰もがソーラー生活を楽しめるための情報をわかりやすく届ける情報誌「ソーラージャーナル」。メンテナンスリフォーム部の佐々木邸が掲載されました。特集:ソーラーファミリー・家族で夢見るスマートライフ。『「衣食住」すべてを造り出す家』として紹介されました。

チルチンびと別冊
発行:風土社
2012年1月1日
p4-21

内容は一冊まるごと「OMソーラー特集」です。「OMソーラーと共に考えるこれからの住宅のありかた」をテーマに、建築家野沢正光さんが執筆しています。25棟のOMソーラーの家(木造ドミノ住宅)が建ち並ぶ『むさしのiタウン(東村山市)』の街並みとそこでの暮らしが紹介されています。

2011

kizuki
発行:OMソーラー株式会社
2011年11月1日
p22-25

OMソーラーから発行されている情報誌「kizuki」の連載「お宅訪問」で、「武蔵野の里山の風情が残る住まい」として、て埼玉県所沢市の雑木林の家が紹介されています。kizukiはモデルハウスとあいばこに置いてありますので、自由にご覧いただけます。

朝日新聞
2011年10月10日
朝刊・生活面

朝日新聞 朝刊、生活面に 現在 毎週月曜日 『住まい私記』 というコラムで、 10月からは「庭とともに」と言う 新テーマがはじまりました。10月10日(月)体育の日は、2回目として埼玉県所沢市の雑木林の家が掲載されています。

sumoka?
発行:日本ハイコム株式会社
2011年10月7日
表紙・p9.13.16.18.19

特集「合理的でちょっぴりエコ『スマート』な家づくり」に、メンテナンスリフォーム部スタッフの佐々木の自邸が紹介されました。本誌では、「スマート」を「無駄がないこと」と考えます。家づくりに際して、本当に必要なものを見極めるヒントがまとめられています。

チルチンびと
発行:風土社
2011年9月号68号

特集「花の庭、花のしつらえ」埼玉県所沢市の雑木林の家が紹介されました。もともとの土地の自然な姿を大切にしながらも、ご夫婦お二人で少しずつ手を入れ、花のある暮らしを楽しんでいます。初心者でも楽しめる生け花入門、お役立ちの山野草図鑑なども紹介されています。

節電・省エネの知恵123
発行:飛鳥新社
2011.07

住まい手さんで環境ライターのM様が本を出版されました。
タイトルは「節電・省エネの知恵123」です。自然エネルギーの基礎知識と節電・省エネのための123個の具体的なエコアクションについて書かれています。

天然生活
発行:(株)地球丸
2011.09
p.40

「小さな間取りコレクション-こぢんまりしているから居心地のいい場所」として、伊礼智設計室(ブログ)の「九音の家」・「東京町家・9坪の家」が紹介されています。家は大きいほど住み心地がいい?いえいえ、小さいからこそ住みやすい家があるんです。さまざまな工夫が凝らされた、コンパクトで楽しい家々を紹介しています。

mr partner
発行:(株)ミスター・パートナー
2011.08.10
p.97

ミスターパートナー編集長の井形慶子さんは、東日本大震災を受けて、未だ避難生活をされている方々に部屋を提供するための物件のリフォームを、相羽建設に依頼されました。弊社で2011/5/5に開催したチャリティーマーケットや環境に配慮した住まいづくりに共感し、社会貢献する建設会社として木造ドミノ住宅と相羽建設を紹介して頂きました。
オレンジページ
エコな暮らしが出来る家づくり
発行:(株)オレンジページ
「実例集 四季の移ろいを五感で感じる家」の中で、所沢市「雑木林の家」が紹介されました。自然が好きで、なるべく緑に囲まれた暮らしがしたい…。そんな願いから始まった、土地探しからの家づくり。完成してから約五年が経ち、まさに理想としていた暮らしぶりが6ページに渡り紹介されています。
東京の注文住宅
発行:リクルート
特集「子どもの未来を育てる家。」で国立市S邸が紹介されました。山や海が大好きなSさんご夫妻が選んだのは、自然素材をふんだんに使用し、OMソーラーと太陽光発電を組み合わせた、自然の恵みに囲まれた暮らしでした。
fuji xerox
ホームページ
富士ゼロックス多摩さんのホームページで事例紹介として掲載していただきました。>>紹介記事はこちら。簡易的な包装で、資源を無駄にしない、環境に配慮した企業であることに共感しているということなどを記事にしていただきました。
バリアフリー
デザイン・ガイドブック
発行:三和書籍
特集『エコハウスここまで減らせるCO2』 の中で、建築家野沢正光さんが「木造ドミノ住宅」の事を性能からコストまで解説しています。 バリアフリーは段差だけではなく、温熱のバリアも無くす事が大切です。 一定温度以上の室温を保つと、罹患率が低下する事がデータで明らかになっています。>>詳しくはこちら
「住育」ことはじめOMソーラーと考えた、よくわかる『住まいの化学』
発行:小学館スクウェア
OMソーラーに関連した書籍が発刊されました。10年前に当社で建てさせていただいたお客様が企画・編集を行っています。住まいの温熱環境をテーマにOMが提案す家づくりのポイントも科学的に解説しています。 「暖房しているのに足もとが冷えるのはなぜ?」など、 健康と快適に配慮した家づくりを検討中の方は必読の1冊です。

2010

LIVES
発行:第一プログレス
2010.10.01
p.054-p057
特集「みんなが住みたいのは、どんな家?-良い家って何だろう?!-」武蔵野市O邸(設計:工房おさかべ)が紹介されました。地下1階、地上2階建ての住まいです。OMソーラーと、庭先で緑とエネルギーを育むエネファームを搭載しています。
土地探しから始める理想の家づくり
発行:主婦と生活社
2010.8.01
p.46-p51
建築家伊礼智さん設計の「東京町家・あずきハウス」が土地の制約をプラスに変えた家づくりとして紹介されています。見楽会での工務店、建築家との出会い、苦労した土地探し…土地探しからの家づくりの詳しいエピソードがとても参考になります。
住む
発行:泰文館
2010.8.01
p.81.92-p.95
建築家永田昌民さん設計の「東久留米の家」が特集「畳という素材」の中で紹介されました。庭より潜るように計画された、半地下畳敷きの居間食堂が、おおらかな暮らしに応えます。
ユニクロ的住宅は
コレだ!
発行:アース工房
2010.6.30
p.46-p49
リーズナブル・ハイクオリティー・グッドデザインを兼ね備えたユニクロ的な住宅の特集です。グッドデザイン賞受賞の木造ドミノ住宅が「健康的なエコライフを満喫できる家」として紹介されています。資金計画や業者選びなど、参考になる情報も掲載されています。
住宅建築
発行:建築資料研究社
2010.8.01
p.10-p.15
p.52-p.59
特集「永田昌民 営みの輪郭」で、「下里の家(永田昌民氏自邸)」と、「秋津町の家」が掲載されています。「住まいという風景を探して」では、自邸紹介と併せて、永田さんの「いえ」に対する原風景がインタビューされています。
Mart
発行:光文社
2010.4.27
p.128-p.129
メンテナンス・リフォーム部佐々木の自邸をスタジオとして撮影した記事が掲載されています。収納グッズの紹介をする内容です。
pen
発行:阪急コミュニケーションズ
2010.4.1
特集「変化し続ける理想の家づくり」求めるのは、デザインは美しく、機能性、環境性、安全性にも優れた家。の中で、東久留米の家が紹介されています。
住宅建築
発行:建築資料研究社
2010.2.1
p.82-p.89
「街並みに対して親しく開くアトリエ兼自邸」、しまだ設計室『カヅノキハウス』が紹介されました地階、1階がRC造、2階が木造の混構造、3層建ての建物です。OMソーラーシステムやペレットストーブなど、積極的に自然エネルギー利用を取り入れています。
新建ハウジングプラス1
発行:新建新聞社
2010.2.01
p.88-p92
特集「良質×適正価格なコンセプトハウスのつくりかた」の中で、木造ドミノ住宅が紹介されています。「家としてのモノ」から、「愉しく暮らすコト」を提案する、木造ドミノの取り組みを紹介しています。
ソーラハウスを
楽しもう
発行:OMソーラー
2010.2.1
伊礼智設計室 「通り土間のある家」。家族はもちろん、周囲のみんなにとっても心地よい「居場所」でありたい。そんな願いを、建築家、工務店、藤亮、監督、大勢の人々の手によって実現した住まいとして紹介されています。
チルチンびと別冊
OMの家に暮らそう
発行:風土舎
2010.1.1
特集「OMの家に暮らそう・ネットで聞く、OM先輩ユーザーたちの本音」の中で、住まい手baruさんの日々の暮らしぶりを綴ったブログ「雑木林の家から-nishio」が紹介されています。 他にも、全国各地のOMソーラーの家での暮らしぶりが紹介された楽しい一冊になっています。

〜2009

クロワッサン
発行:マガジンハウス
2009.12.25
特集「環境にいい暮らし方」のなかで、東京都主催の街づくりプロジェクト東村山市「むさしのiタウン」の木造ドミノ住宅(設計:野沢正光建築工房)が太陽エネルギーを活用し、消費エネルギーを抑えたエコ住宅の一例として紹介されています。
ちょっとエコわざ55
発行:中経出版
2009.12.1
著者の箕輪弥生さん(環境ライター・マーケティングプランナー。NPO法人「そらべあ基金」理事)は相羽建設で建てたOMソーラーの家にお住まいです。内容は、55つのエコアクションについて書かれた誰もが気楽に読める文庫です。環境にかかわる実用的なデータや情報も豊富に掲載されてありますのでエコ初心者への啓蒙から資料的に使うなどいろいろ実用的に使える本になっています。
DIME
発行:新建新聞社
2009.7.31
東村山市青葉町のモデルハウス(i-works)が紹介されています。夏は涼しく、冬は暖かく、機器に頼らず、なるべく自然の力で快適に過ごしたい。そんな人へのヒントとして、家の材料となっている自然素材の特徴にスポットを当てています。
伊礼智の住宅設計作法-小さな家で豊かに暮らす-
発行:新建新聞社
2009.7.31
建築家伊礼智さん著(ブログ)-9坪の家 あずきハウス K邸 ほか、多数の物件が掲載されています。「建築家・伊礼智氏の住宅設計のスタンスとプロセスを、豊富な写真と図面と共に解説した、作品集でもなく、図面集でもない、まるで対話をしているかのように設計の基本が学べる、新しい住宅設計の教科書です。」
TOTO通信
発行:TOTO
2009.夏号
木造ドミノ住宅の共同開発者であり、建築家である野沢正光さんが「環境を問う野沢正光さんの試み」として特集されています。東京都の街づくりプロジェクト「むさしのiタウン」に建つ木造ドミノ住宅がゼロエネルギー住宅への手ごたえを得たケーススタディとして紹介されています。
住む
発行:泰文館
2009.夏号
特集 『あえて、小さな家。』-建築家・伊礼智の「小さな家」の設計作法- 伊礼智さんの「小さな家」の設計作法がテーマごとに10ページに渡り、実例と共に解説されています。伊礼さんが設計に意図していなかった住まわれ方や、実際の住まい手さんからのコメントなども寄せられています。>>伊礼智さん施工例はこちら
和モダン
発行:新建新聞社
2008.06
和モダン-厳選の現代和風住宅- 『気鋭の建築家』伊礼智設計室「神奈川の町家」が紹介されています。日本の建築手法と新しい設備・システムが融合したけんちくとして、伊礼さんの手法とOMソーラーシステムが解説されています。>>伊礼智さん施工例はこちら
渡辺篤史の
建もの探訪BOOK
発行:朝日新聞出版
2009.05
N設計室(永田昌民さん)による東久留米の家を、テレビ朝日の番組、『渡邉篤史の建もの探訪』に取材していただきました。今回、放送20周年を記念して出版されたこの本の中で、「こころに残る家のかたち」として紹介されています。
monoマガジン
発行:ワールドフォトプレス2008.11
特集・家は男の遊び道具だ!「自然素材」「木の家」を楽しみながら選択できることは、今に生きる人の特権である。として、様々な木の家を紹介しています。「大黒柱は芯持ちの無垢材・永住できる長寿命の家」として木造ドミノ住宅が紹介されました。
セブンヒルズ
発行:イー・マーケティング2008.11
建築家とつくるエコハウス特集。インテリジェントなエコハウスとして4件紹介されているが、その内3件はOMソーラーの家。NO2は、丸谷博男さんが設計した高千穂のケミレスタウンモデルハウス。NO3は、OMソーラー協会とシステムの紹介。NO4は、相羽建設の木造ドミノ住宅伊礼さん設計のi-works相模原の家
新建ハウジング
プラスワン
発行:新建新聞2008.8
特集「受注につなげるホームページ」の中で東京町家の3社が紹介されています。はやくからホームページ・ブログによる情報発信に取り組んだ工務店として取り上げていただきました。
近代建築
2008.8
発行2008/8/5
近代建築社
特集「みんなでつくる学校」に荒川区立第七峡田小学校のエコ改修が掲載されています。エネルギー負荷をかけないで、夏涼しく、冬暖かい熱環境の改善、児童のエコ意識を高めるエコ改修を目標とし、OMソーラーシステムを体育館に採用しました。
職場の教養
2008.9
発行2008/9/1
倫理研究所
『職場の教養』とは、非売品で、倫理研究所の法人会員に毎月150万部発行されている小冊子です。毎朝の朝礼で輪読しています。今回、表紙と「おはようカンパニー」で相羽建設が紹介されています。
ミセス
2008.6
頁:272-273
発行2008/7/7
文化出版局
「省エネハウスのすすめ」の中で「自然力を働かせた省エネハウス」として、9坪の家が掲載されています。設計:伊礼智設計室が考える居心地のいい住まいのありかたについて語っています。「建築家のこころtoかたち」では木造ドミノ住宅を設計した野沢正光さんが掲載されています。
日経ホームビルダー
2008.6
頁:81-84
発行2008/5/22
日経BP社
「デザイン解剖『安くて長もち』を形にした家」に木造ドミノ住宅が掲載されました。自然素材の質感を大切にしたデザインは、見た目だけではなく、施工費を抑えることと、住宅の長寿命化を実現しています。梁の向きや素材選びなど「なぜそのデザインなのか?」が細かく解説されています。
新しい住まいの設計
2008.4
頁:176-183
発行2008/4/1
扶桑社
特集「建築家と造園家の幸福な出会い 植物と暮らす家」建築家永田昌民さんの自邸が掲載されました。以前の家の庭で育てた植物を土ごと移植し、旗竿地の長いアプローチを緑の小道に。造園家田瀬理夫さんと相談して「家と庭」でひとつの風景つくり上げました。
永田邸造園の様子はこちらをご覧ください
MY HOME100選
Vol.2
頁:178-183
発行2008/3/30
扶桑社
相模原の家伊礼智設計室)が掲載されました。地下室に音楽と映像を夫婦で楽しむ空間を計画しました。日常から心を開放する「大人の隠れ家」。心おきなく趣味の世界に没頭できる空間となっています。
Memo
2008.5
頁:66-67
発行2008/5/1
ワールドフォトプレス
特集「日本の家族を元気にする 畳の底力 畳を活かした暮らし」あずきハウス(伊礼智設計室)が掲載されました。建坪10坪、延べ床19坪の、数字の上では小さな家ですが、実際に建物の中に入ると心地よいゆとりを感じる住まいになっています。その要素として1坪の畳スペースをクローズアップしています。(住まい手azukiさんのブログ
住む
NO.25
頁:121-131
発行2008/5/1
泰文館
連載「家をつくるなら、近くの山の木で」『これからの「木の家」スタンダード』で木造ドミノ住宅が掲載されました。東京都の呼びかけによる木造住宅の開発プロジェクト「東村山市本町地区プロジェクト」で実証実験住宅として選定された木造ドミノ住宅。坪50万という条件のもと、工務店設計士・職人・木材協同組合が協力し、知恵を出し合って実現された木造ドミノ住宅のこれからの展開も掲載されています。
STORY
5月号
頁:280-281
発行2008/5/1
光文社
インテリア特集 そろそろ「エコでおしゃれ」な暮らし方 布田の家伊礼智設計室)が掲載されました。「家を造るのなら、何かエコロジーに取り組みたい。」そんな中で出会ったOMソーラーの家。雨水利用や家電選び、食材選びなど、Hさんのおしゃれでエコロジーな生活を紹介しています。
ジャパンデザイン
頁:329
発行2008/1/25
日本産業デザイン振興会
東京都が進める、東村山市本町地区プロジェクト「むさしのiタウン四季の街」で相羽建設が実証実験として建てた『木造ドミノ住宅』が2007年度グッドデザイン賞を受賞しました。
2007-2008グッドデザインアワード・イヤーブック『ジャパンデザイン』が発行され、木造ドミノ住宅が掲載されました。
あなたにもできる!
環境(エコ)生活の
ススメ
発行2007/12/22
飛鳥新社
著者の箕輪弥生さんは相羽建設の住まい手さんで、OMソーラーの家に住んでいます。本の中では自宅の写真を交えながらエコ生活を紹介しています。
地球温暖化は現在、すぐそこに取り返しのつかない地点が迫っています。
マイバックやマイハシは普及しつつありますが、毎日の生活の中で続けられることって、他にはどんなことがあるのでしょうか。
国産材を使った美しいインテリア。
機能的で永く使えるデザイン雑貨。
趣味のガーデニングでは夏の暑さ対策として緑のカーテンを。
この本では、「あ、これもエコにつながるんだ!」と思うような、地球も自分も気持ちよく、持続可能なエコ生活をご紹介しています。
環境建築ガイドブック
頁:152
発行2007/11/20
建築ジャーナル
塀風(ヒンプン)ハウス(伊礼智設計室)と、
長池ネイチャーセンター野沢正光建築工房)が掲載されました。
全国各地の環境建築228点が収録されています。建築関係者だけでなく、子供から大人まで幅広い読者を想定してまとめられています。
チルチンびと別冊
頁:150-159
発行2007/12/20
風土舎
「やっぱりOMの家」OMソーラーの始まりから現在、全国の施工例に至るまで、丸ごとOMソーラー本です。「OM的住まいの設計作法」で東京町家9坪の家伊礼智設計室)が掲載されています。
住まいの空気まわり
頁:1-5
発行2007/11/20
DAIKIN
今月のトップランーに掲載されました。東京都まちづくりプロジェクトに選定された木造ドミノ住宅が完成するまでのエピソードが掲載されています。
LEE
頁:262
発行2007/12/01
集英社
「これから建てるなら、おしゃれでエコな家」
のなかで、2006年度エコビルド賞を受賞した9坪の家伊礼智設計室)が掲載されました。
住宅建築 住宅建築
頁:22-37
発行2007/11/01
建築資料研究社
特集「架構を考えることで木造が面白くなる」木造ドミノ住宅設計の野沢正光さんと半田雅俊さんにインタビュー形式で木造ドミノを紐解きます。
設計と施工の協力により、架構から価格まで、徹底的に見直した細かなデータが16ページに渡って掲載されています。
建築知識
頁:33-111
発行2007/09/20
エクスナレッジ
相羽建設を含め、いくつかの工務店の木造建築の現場を半年間掛けて密着取材しています。
マンガのようにリアリティ溢れる現場写真と図面文章でわかりやすくまとめられていて、
木造建築の入門書としておすすめです。
写真には職人のつぶやきの吹き出し付きでまとめてあります。
付属の100分のDVDには相羽建設の迎川常務が解説しています。

新しい住まいの設計
頁:126-129
発行2007/09/1
扶桑社

特集『ご近所工務店で家を建てたい!!』
設計・施工:相羽建設『西町の家』が掲載されました。
建主は相羽建設の施工部で現場監督を担当。
設計は現在は子育てのため引退した元相羽建設設計の妻が担当しています。
都心のコンパクトな土地でありながら、自然を感じる家です。
リンカラン
頁:116-117
発行2007/07/15
ソニーマガジン
満里奈さんが訪ねる 気持ちよく暮らせる太陽の家
伊礼智設計室の『あずきハウス』が掲載されました。
「自然と呼吸している感じがします。自然を感じながら暮らせるって、素敵ですね」と渡辺満里奈さん。
住まい手SさんのOMソーラーの家に暮らしてからの変化や住まい心地をご覧下さい。
住まい手Sさんのブログはこちら

住宅特集
発行:新建築社
2007.04
p.120

特集「増築・改築・転用」現状復帰を超えて、賃貸の快適な改装へ。伊礼智設計室の古くて新しい事務所が紹介されています。建物本体は築44年の平屋建て。外装はほとんど手を付けず、内装も住宅のような事務所です。
住宅建築
頁:12-68
発行2007/03/01
建築資料研究社
特集『田中敏溥の戸建住宅』
ソーラータウン西所沢の建物設計、街並み・全体計画を手掛けた田中さんの施工例をまとめてご覧いただけます。
家は個人のものではなく、街全体のものであるという田中さんの街づくりへの思いが綴られています。
MyHOME+
頁:40-45
発行2007/02/01
(株)エクスナレッジ
特集『敷地を生かした間取りの極意』
伊礼智設計室による9坪の家が掲載されています。
9坪の家と街との心地よいつながりは
間取りの工夫によるもの。
平面図の解説に合わせてこれまで掲載されてきた写真と
少し変わった表情の9坪の家をご覧いただけます。
住まいの設計
頁:62-67・142-147
発行2007/01
(株)扶桑社
特集『ホッとする木の家』 
設計:永田昌民 東久留米市H邸
庭の緑に調和する漆喰の壁とアカマツの無垢床の家。
日常性+α 
設計:伊礼智設計室神奈川県 K邸
地下室に音楽と映像を楽しむ「大人の隠れ家」のある家。
二件掲載されています。
木の家に暮らす
伊礼智設計室「M邸」
木の家に暮らす
16号
頁:30-35・40-41
発行2006/11/25
(株)地球丸
特集『いま建てたい”木の家”のかたち』
東京町家の先駆けとなった伊礼智設計室によるM邸の完成から2年経ち、住まい手が家の住み心地といえづくりを振り返ります。
都心の狭小地に建つ小さな木の家の心地よさの工夫をご覧ください。
新建ハウジング+1 新建ハウジング+1
2006.11no.389
頁:86-93
発行2006/11/10
新建新聞社
特集『外観デザインを考える』
「外観の見た目を格好良くすることだけに腐心するだけではなく、ほどよい生活感が漂うような、町と家との関係を設計することが必要だと考えています。「町と家との間」が重要です。」と語る伊礼さん
そんな周辺と家との良い距離感をつくりだす工夫が見えます。
家具コレクション
K邸
設計:伊礼智設計室
家具コレクション
2006WINTERvol.20
頁:28-29
発行2006/11/07
(株)ネコ・パブリッシング
特集『「人」が主役のリビング&ダイニング』
木のぬくもりと光溢れる空間に人が集まるダイニング
設計からインテリアまで提案する伊礼智設計室によるK邸は「家族の一体感を感じられる空間に」というご夫婦の願いが形になったもの。
優しい木の温もりに囲まれた開放感あるリビングダイニングです。

『H邸』
設計:永田昌民
ミセス
2006AUGUSTNo.619
発行2006/08/7

文化出版局

省エネ+健康住宅 自然力が働く家
目に見えない風の通り道をデザインする永田さん
家のあちこちに風の通り道があります。
OM住まい手歴1年数ヶ月の経験から、OMの家の心地良さ、住まい心地の声をお聞きください。
→施工例はこちら

『9坪の家』
設計:伊礼智設計室
チルチンびと
2006 JULY 37号
発行2006/07/01

風土社

緑に囲まれ町へとつながる小さな家
生垣は外と内とをやわらかく繋げる装置のひとつ。伊礼智設計室設計の9坪の家の詳細と工夫が7ページに渡ってご覧いただけます。

「町に住む小さな家」をつくる建築家リストにはソーラータウン西所沢設計の田中敏溥氏が紹介されています。

New HOUSE
『Hさんのお宅』
『9坪の家』
設計:伊礼智設計室
自分スタイルの
家を建てよう
New HOUSE
AUG.2006vol.52

発行:2006/08/01
ニューハウス出版

特集『おうちで遊ぶのがたのしくなる
子育ては自然素材の家で!』保坂さんのお宅
10歳になる友吾君の一番のお気に入りは無垢の木の床。寝っ転がって木の香りを胸いっぱいに吸い込みます。家の住み心地、家への思い、OMの体験など、住まい手の声をたくさん聞けます。
『この建築家に会いたい』
H邸、「9坪の家」等設計、伊礼智氏
街と家との「間」の取り方から魅力的な街づくりを語っています。
LiVES 良い家の条件
『9坪の家』
(設計:伊礼智設計室)
特集「良い家の条件」
Living&Lifestyle Magazine
LiVES vol.27
JUN.&JUL

発行:2006/06/01
第一プログレス

オーナーのI様は、「OMソーラーを使う」こと、「永く、気持ちよく、安心して暮らせる家」を望まれました。
そこで豊富なOM施工経験のある相羽建設と伊礼智さんとのプロジェクト、『東京町家』の「街と暮らす、環境と融和しながら小さな家で大きく暮らす」の理念から家が完成しました。
かつては普通だった街に向けて開かれた暮らし方の原点ともいえる『東京町家9坪の家』として紹介されています。

東京町家については東京町家ブログをご覧下さい。

家具コレクション
(設計:伊礼智設計室)
表紙H邸
家具コレクションVol.18 summer2006

発行:2006/05/08

ネコ・パブリッシング

特集「新しい『和』のかたち」の中で障子のあるリビングダイニングに、伊礼智さん設計のダイニングテーブルとこいずみ道具店の椅子「ZAG」の調和でつくり出されたシンプルでモダンな新しい和の空間を紹介しています。
LOHASでいこう 『LOHASでいこう!』
著/箕輪 弥生

発行:2006/3/10
ソニー・マガジンズ

メーカー、流通系プランニングを中心に食品、住宅、消費財などの企画の広告・販促・商品企画などに参加し、活躍されている箕輪弥生さんの著書。
「LOHAS」をテーマに人、動物にやさしい生活の実践的入門書。相羽建設が施工させていただいたご自宅のソーラーハウスの体験など、住まい手の一人としてOMについて触れられています。
日経ホームページビルダー 日経ホームビルダー5月号
(第83号)

頁:42
発行:2006/4/22
日経BP社

小さなスペースを狭く感じさせない相羽建設の設計の裏技が紹介されています。
狭小住宅においても階段のようなスペースほどゆったりとした広さは残したい。
そこで階段の真ん中にくる手すり壁にひと工夫。
モデルハウスでもこのアイデアが実践された階段をご覧いただけます。
住宅特集 新建築 住宅特集5月号
(第241号)

頁:05/075
発行:2006/5/1
-新建築社

OMソーラーの新しい可能性を発見する実証実験室として建てられた、木造ドミノモデルハウス「美園の家」が掲載されました。
永く住み続けられる家のしつらえ、自然環境と人間の両面から、OMソーラーの温熱利用の新しい活用法の実験や物質環境の改善に至るまで、実証実験と提案をおこなっています。
住宅建築 住宅建築2月号
(第371号)

頁:60-65
発行:2006/2/1
建築資料研究社

東京町家 9坪の家」(設計:伊礼智設計室)が、紹介されています。
東京町家の仲間である田中工務店さん施工の北葛西の家(設計:伊礼智設計室)も掲載されています。
小さく建てて豊かに暮らす「東京町家」の家づくりをご覧下さい。
室内 室内1月号

頁:31-33
発行:2006/1/1
工作社

横浜市「中庭のある家」(設計:TAU設計工房)が
掲載されました。
日本紅茶協会ティーインストラクターの住まい手さんが
新しい家の2階に紅茶サロンを開き、地域の方々との
交流の場を作りました。
間口が狭く奥行きのある条件の土地で、中庭を設け
建物をコの字型にすることで家全体に光を取り込むような設計の住まいです。 
TAU設計工房さんのWEBサイト
自分時間 自分時間
vol.8

頁:44-45
発行:2006/3/1
リイド社

東京町家 9坪の家」が、紹介されています。
9坪の家の名の通り、この家は1階9坪+2階9坪=18坪の小さな家。小さい家は、建てる材料も、住んでからのエネルギーも少なくてすむという東京町家の考え方が、ぴったりな住まいです。
新建築住宅特集12月号 新建築住宅特集
2005年12月

頁:148
発行:2005/12/1
新建築社

東京町家 9坪の家」が、近作訪問というコーナーで紹介されています。
建築家が最近の建築物を訪ねて、レポートするこのコーナーは、伊礼さんに言わせると「・・・大変うれしいこと(本当に)なんです。しかし、 これはもうまな板の鯉で、後はどんな風に斬られるか・・・」だそうで、緊張感のある取材だったようです。どのように斬られているか・・・、ご覧になってみてください。
0510住宅建築 住宅建築10月号
(第367号)

頁:16-43
発行:2005/10/1
建築資料研究社

特集「小さいのに狭くない理由」として、建築家:永田昌民さんの手法が紹介されています。
その一例として、永田昌民さん自邸『下里の家』や当社社員自邸『下里の家-』が掲載されています。
どちらも旗竿敷地を活かし、内と外とのつながりを大切にした住宅です。
住宅特集 新建築住宅特集
2005年10月

頁:表紙写真・88-95
発行:2005/10/1
新建築社

東京町家 9坪の家」が掲載されています。
その名の通り、1階9坪、2階9坪、計18坪の家です。
大きな暮らしができる小さな家「東京町家」の工夫が、いっぱいつまった9坪の家は、これから家づくりをする方に、何かしら参考にしていただける発見があると思います。
その上、今回はなんとっ・・・
表紙に写真を使っていただいています。
9坪の家をもっと知りたい方は、伊礼さんのブログでご覧下さい。写真盛りだくさん、設計の工夫など、たくさんのことが語られています。
世界でいちばん自分らしい家3 世界でいちばん
自分らしい家3

頁:50-53
発行:2005/10/8
扶桑社

夫婦(夫・現場監督、妻・設計)共、当社社員の西町の家が掲載されました。
常日頃からの家づくりへの探究心が生んだ西町の家は、
気持ちよく暮らすための工夫や、思い切ったコストダウン案がつまっています。

写真はこちらからご覧いただけます。

月刊ハウジング 月刊ハウジング
2005年9月号

頁:10-11
発行:2005/9/21
リクルート

巻頭グラビア「風・水・石・緑を活かして 涼しく暮らす」家で、Hさんの家が紹介されました。
玄関から南側土間までL字形に家の中を通り抜ける窯変瓦タイルの土間が、涼を感じさせてくれる家です。
設計は伊礼智さん。
私の家づくり 私の家づくり NO.51

頁:32-35
発行:2005/8/20
(株)主婦と生活社

2002年1月に完成した、世田谷区Mさんの家が掲載されています。実際に住んでみて、ここは良かった、ここはこうすればよかったなど、住まい手ならではの体験談が紹介されています。
住む。2005summer 住む。2005年夏号NO.14

頁:58-63
発行:2005/8/1
泰文館

「特集この街の暮らす。」の中で、町に開いて、のびのび暮らす家として、9坪の家が紹介されました。
塀の代わりに木やクロチクを住まい手がご自身の手で植えて、町に開いて建つ家です。3間角、9坪の平面を縦に重ねた小さな家は、内から外へ視線が広がるように、窓が配されているので、遠くまで視線が伸び実際よりも広く感じられます。
良質な低コストの住宅傑作選

頁:50-55
発行:2005/7/10
世界文化社

東京町家「江戸川ソーラーキャット」(東京町家をつくる会・田中工務店さん施工)、質の良い住まいを低コストで作る試み「i-works」が紹介されました。
タイトルのローコストではなく「低コスト」が意味することろを伊礼さんがブログで書かれていました。
- 以下irei_blogより抜粋 -
江戸川ソーラーキャットが「良質な低コスト住宅」として取り上げられた。(中略)そう・・・低コストとローコスト住宅とは違う。ぼくの設計している家は総額では低コスト(小さい家が多いので)だけれど、決して安普請ではない、坪あたりの値段にすると結構高い(笑)
この本では「良質な低コスト・・・」を以下のように定義している。
1,根本は無駄をしないこと
2、コスト設定は2000万円(くらい)
3、豊かさがあること          ・・・もっと読む
家庭画報
2005年5月号

頁:258-261
発行:2005/5/1
世界文化社

「エコ住宅に暮らす」特集の中で東久留米市下里の当社社員の自邸が掲載されました。永田昌民さん設計による、地下に潜ったスキップフロアの家です。エコ住宅特集で紹介されるのは不本意?!らしかったのですが、OMソーラーが搭載されたこの家は太陽の家として紹介されました。
家庭画報 家庭画報
2005年4月号

頁:341
発行:2005/4/1
世界文化社

しずかな家として建築家・永田昌民さんの自邸「下里の家」が紹介されています。必要以上の窓を設けずに、壁の存在を大切にする永田さんの設計する家は、とても落ち着きのある空間になります。永田さんの家には”しずかな家”という言葉がピッタリはまる気がします。
東京で家を建てる 東京で家を建てる
2005春

頁:14-15、82-85
発行:2005/2/28
リクルート

東京町家・東京でOMソーラーの家を建てる会として記事が出ています。OMソーラー搭載の分譲住宅ソーラータウン久米川の家や、その試作品となった下里の家、ヒンプンハウスなどが掲載されています。
住む。2005年冬 住む。2005年冬号NO.12

頁:50-55
発行:2005/2/1
泰文館

特集「古くて、新しいもの。」の住宅実例として2000年に竣工したUさんの家が紹介されました。
畳の居間から眺める景色は、雑木林と庭の緑が一体となって、伸びやかにとても気持ちの良い眺めです。
すでに何度も雑誌で紹介されているお宅ですが、年月の経過と共に外壁の杉板や庭の緑、無垢の床板、畳、全てが馴染んで味のある家になってきました。
建築知識 2005年2月号

頁:157-177
発行:2005/2/1
エクスナレッジ

i-worksの標準化された納まりが、玄関・階段・居室・キッチン・洗面浴室に分けて整理されています。この雑誌は建築のプロ向けに出されているもので、図面中心の内容は、ちょっととっつきにくいかもしれないですが、i-worksの足跡が語られていて、実に充実した内容になっています。
TITLE200502月号 TITLE 2005年2月号

頁:52
発行:2005年2月1日
文藝春秋

流暢な日本語を話すドイツ人Kさんの家(設計/伊礼智)が紹介されました。Kさん自身も誌面に登場し、OMソーラーの家を選んだ理由や家での暮らし方など紹介しています。
木のお風呂や2畳の畳スペースなど、日本人以上に日本の住文化にこだわってつくったシンプルな住まいです。
キッチン収納500 キッチン家事ラク収納500

頁:22-25
発行:2004年12月30日
学習研究社

収納達人のキッチンとして、東大和市Uさんの家が紹介されています。コンパクトで機能的なキッチンは、ご主人が設計やDIYをして使い勝手にこだわりました。
“使い勝手の良いコンパクトなキッチン”というような特集ではたびたび紹介されている、参考にしたいアイデアがつまった素敵なキッチンです。
クロワッサン クロワッサン 特別編集
暮らしの形を考える

頁:51-58
発行:2004年12月1日
マガジンハウス

イラストレーター大橋歩さんが、永田昌民氏の自宅下里の家を訪問して「住みごこちいいわけ」をいろいろと聞いたお話が掲載されています。
大橋さんのご自宅は永田さんが設計をされたというご縁があります。
オキナワの家

頁:44-47
発行:2004年11月30日
インデックス・
コミュニケーションズ

建築家・伊礼智さんの著書の中で当社で建築した家も紹介されています。伊礼さんの出身地・沖縄での住まいづくりについてのお話です。写真が多くて、文字も大きくので、建築の本と構えずに気軽に手にとって見てください。
1000万円台で建てた快適な家 1000万円台で建てた
快適な家

頁:42-45
発行:2004年11月10日
主婦の友社

世田谷区のIさんの家が再登場。
1000万円台で建てた快適な家の特集で、自然の素材を使いながらコストを抑えた家として紹介されました。
ソトコト11月号 ソトコト 11

頁:EscapeRoute P23
発行:2004年11月1日
木楽舎

東京町家をつくる会が紹介されました。
My home+2004秋 My home+
2004AUTUMN

頁:84
発行:2004年10月1日
エクスナレッジ

いちばんわかりやすい間取りガイド
伊礼智氏設計の屏風ハウスが掲載されています。
東京で家を建てる2004夏・秋 東京で家を建てる
2004夏・秋

頁:16-17
発行:2004/8/28
リクルート

建築家伊礼智氏と東京のOMソーラー工務店3社の協働で作る「東京町家」を小さくても心豊かに住める家として紹介されました。
住む。2004夏 住む。2004年夏号NO.10

頁:101-113
発行:2003/8/1
泰文館

特集「小さな庭と家」
建築家・永田昌民氏の自邸・庭について掲載されています。旧宅・東久留米の家で27年間奥様が見守り続けてきた、庭の草花を新宅・下里の家(施工/相羽建設)へと『緑の引越し』をした話などが紹介されています。
初めての家づくりBOOK はじめての家づくりBOOK

頁:40-43
発行:2004/5/10
主婦の友社

世田谷区のIさんの家が紹介されています。
外壁にガルバリウム鋼板、内装は木のぬくもりを大切にした仕上げで、コストを抑える工夫をした住まいです。
間取りがよい小住宅 特選HOME IDEAS
間取りがよい
小住宅を作りたい

頁:40-43
発行2004/4/1
世界文化社

第一章「小さな家の最高傑作15」
永田昌民氏の自邸「下里の家」が掲載されています。旗竿上の敷地で豊かに暮らす例として、15mの敷地延長を緑の小道にし小さな家で心地よく暮らすための一例として紹介されています。
東京で家を建てる【2004】

頁:65
発行:2004/2/15
リクルート

「心地好く永く住み続けられる家を創る」
その理由などを紹介していただきました。
0312 住宅建築  住宅建築12月号
(第345号)

頁:19-33
発行:2003/12/1
建築資料研究社

特集「空間のためのディティール」
当社で施工した永田昌民氏の新居「下里の家」が紹介されています。
若手建築家と永田昌民氏の対談では永田氏の設計へのお考えがわかり易く伝わり、旗竿の敷地であろうと工夫次第でこんな素敵になるのモノなのか・・・と勇気の沸いてくる!そんなお話が載っています。
大きな暮らしができる 小さな家 大きな暮らしができる
小さな家

頁:24-32、179-
著者:永田昌民・杉本薫
発行:2003/11/30
オーエス出版社

ソーラータウンができるまでの話や永田昌民氏の新居のお話など、相羽建設が手がけたなじみの深い建物が紹介されています。「必要なものさえあれば家は小さくていいのだ・・・。」と言い続けてきた、設計屋・永田昌民氏の考えがつまった一冊です。
現代画法 現代画報

頁:150
発行:2003/11/1
現代画報社

「地域が育む人と企業東京都特集」

俳優・大門正明さんと弊社社長の対談記事が掲載されています。

住まいと暮らし徹底ガイド 住まいと暮らし徹底ガイド
2003年度全国版

頁:15
表紙・目次にも写真掲載。
発行:2003/10/3
ミスターパートナー

第2章「絶対失敗しない住まいの厳選ガイド」の中で、いつまでも手放したくない居心地のいい家。と紹介していただきました。
0309新建築住宅特集 新建築住宅特集
2003年9月

頁:140-145
発行:2003/9/1
新建築社

小平市 Sさんの家(設計/アトリエ杢)が紹介されました。
RC造と木造を組み合わせた瓦屋根の家を取り上げて頂きました。
ブルータス BRUTUS

頁:88-91
発行:2003/8/15
マガジンハウス

OMソーラー搭載の八王子市長池公園内にある体験型学習施設-長池ネイチャーセンター(設計:野沢正光氏)が紹介されています。
住む。2003年夏号 住む。2003年夏号NO.6

頁:57-72
発行:2003/8/1
泰文館

気持ち良く、永く住み続けられる家づくりのために、冬・暖かく暮らすための工夫と同様に、夏・涼しく暮らすための工夫も大切だと考えています。
相羽建設i-worksの中で取り組んでいる工夫のいくつかを雑誌「住む。」6月号の中で「涼しい家のつくりかた、暮らし方25の基本」として紹介されました!
0303 住宅特集 新建築住宅特集
2003年3月号(第203号)

頁:120-126
発行:2003/3/1
新建築社

特集「住むための技術・温熱編」

国立市のSさんの家(設計/伊礼智氏)が「屏風ハウス(ヒンプンハウス)」として紹介されています。
「屏風(ヒンプン)」とは、沖縄の民家にみられる路地と建物を隔てた壁のことです。街と室内との間を考え、沖縄出身の伊礼さんならではの工夫を施した家です。

人気住宅ベストガイド2003 人気住宅ベストガイド
2003年度全国版

頁:35
発行:2003/2/7
ミスターパートナー

「第2章 絶対建てたい!住宅ガイド」

“OMソーラーを採用した実績派ビルダー”とカラーページにて紹介して頂きました。

0303ニューハウス3月号 New House 2003年3月号

頁:142-145
発行:2003/3/1
ニューハウス出版

「あなたはどんなエコハウス?」
4つのエコロジーな住まいの実例の中で、OMソーラーを取り入れたKさんの家が紹介されています。
また、建築家の特集としてソーラータウンの監修をして頂いた永田昌民氏のインタビュー記事や、当社で施工したM市Wさんの家の設計をされた設計アトリエの瀬野和広さん(同誌表紙)の記事も掲載されています。
0212住宅建築 住宅建築12月号
(第333号)

頁:92-119
発行:2002/12/1
建築資料研究社

特集「スタンダードな住まいを探して」

今回の”住宅建築”では、ソーラータウンをベースにした、建築家・伊礼智氏と相羽建設でつくり上げたオリジナルの家「Aiba Style/i-works」を取り上げ28ページにわたって掲載されました。

日経アーキテクチュア
2002年11月25日号

頁:60-61
発行:2002/11/25
日経BP社

「建築家が提案するプレタポルテ仕様」

設計士など建築業界関係者向けの雑誌「日経アーキテクチュア」の中で、建築家・伊礼智氏と立ち上げた「AibaStyle/i-works」が取り上げられました。

素敵なキッチンVOL.9

発行:2002/11/15
立風書房

「狭い・小さいの悩みを一気に解決 実用アイデア&造作でキッチンは広々使える!」

スペースというスペースを徹底利用した収納上手のH氏Uさんの家(設計/DON工房)のキッチンが紹介されました。

朝日新聞 夕刊

発行:2002/11/9

朝日新聞社

科学のコーナーで「エコ設計で冬ほんわか」の記事の中で、都市部でつくったパッシブ住宅としてソーラータウンが紹介されました。
Memo2002年11月号

発行:2002/11/1
全国書店で9/26発売 
ワールドフォトプレス

ソーラータウンが取材され、「建築家がつくる分譲住宅」特集で紹介されています。
伊礼智さんの特集記事も掲載されています。
住む。2002年秋号NO.3

頁:42-48
発行:2002/11/1
泰文館

「特集 ジャパン・スタンダード」
これからのスタンダードになり得るか?ソーラータウン。

ソーラータウンにご入居されているご家族を中心に、新しい分譲の形として取り上げられています。
また、同誌にソーラータウン監修の永田昌民氏の設計された築16年の住まいも紹介されています。

婦人画報8月号
(第1189号)

頁:186-189
発行:2002/8/1
アシェット婦人画報社

「坪庭ガーデン」と暮らそう  

日本の現代の庭を様々な形でつくった住まいを紹介しています。当社で施工したお宅は、「森の庭」を持つ家(設計/DON工房)として取り上げられました。

住宅建築7月号
(第328号)

頁:18-33
発行:2002/7/1
建築資料研究社

「思想を持った工務店」
相羽建設+OM研究所+伊礼智設計室

建築家・永田昌民氏監修のもと、工務店と建築家が知恵と技術を出しあい、まちなみを創るということに取り組んだOMソーラー初の試み、ソーラータウンが紹介されています。

室内5月号(通巻678号)

頁:50
発行:2002/5/1
工作社

私は推すこの工務店その3「ハウスメーカーより工務店」

「近未来工務店のモデルになりそうな会社」と評価してくださり、当社を掲載していただきました。

新建築住宅特集
5月号(第193号)

頁:104-111
発行:2002/5/1
新建築社

「いま考えられる熱環境」

パッシブソーラーシステムの「OMソーラー」を全棟に搭載した環境共生団地としてソーラータウンが紹介されています。

素敵なキッチンVOL.7

頁:110-111
発行:2002/5/20
立風書房

「我が家のキッチンマジック」

2001年9月に竣工したSさん(設計/相羽建設)の家。
Sさんがこだわられたオールステンレスのキッチンが紹介されています。

男の隠れ家 個性派住宅2002年3月号別冊

頁:74-75
発行:2002/3/15
あいであ・らいふ

「個性派デザインの家」

狭小変形地に建てた住居として1999年12月に竣工したHさんの家が紹介されました。(設計/中村高淑設計事務所)

こんな家に住みたい02

頁:14-19
発行:2001/10/10
えい出版社

「気持ちのいい空間づくり」

2000年1月に竣工したUさん(設計/DON工房)の家が、紹介されています。
都立自然公園が目の前という立地を活かした家・庭づくりで、四季折々に森の庭を楽しめる家です。

ニューハウス
(通巻第539号)

頁:40-45
発行:2000/8/1
ニューハウス出版

「建築家と建てる1000万円台の家」

1999年12月に竣工したHさんの家が掲載されています。(設計/中村高淑設計事務所)
内壁・一部天井をシナ合板、床はパイン材で仕上げた木に包まれた住まいです。

住む人にやさしい快適な住まいのアイデア実例550

頁:28-35
発行:2000/7/20
成美堂出版

「省エネでエコロジーな住まいと暮らし」

旧モデルハウスで現在社長自邸のAi-House(設計/アトリエフルカワ)とSさんの家(設計/相羽建設)が掲載。どちらも太陽光発電とOMソーラーを併用し、Ai-Houseは雨水利用もした省エネ住宅です。

ニューハウス(通巻第537号)
発行:2000/6/1 ニューハウス出版
「間取り主義宣言」
青梅市Yさんの家(設計/寺設計)
建築ジャーナル
発行:2000/4/1 建築ジャーナル
増築してOMソーラーを取り入れたHさんの家(設計/結設計)
住まいの設計9
発行:1999/9/1 扶桑社
自然の光を存分に取り込んだTさんの家(設計/大岡山建築設計研究所)
からだによい健康・安全住宅
発行:1998/6/1 講談社
地球環境への関心が高い、Sさんの自然エネルギー活かした住まい。
日経ECO21
発行:1998/4/5 日経ホーム出版社
太陽光発電とOMソーラーを併設したお宅が紹介されました。
初めての家づくりBOOK7
発行:1997/5/15 主婦の友社
吉祥寺の住宅密集地に建つ地下室のあるOMソーラーハウス、(設計/TAU設計工房)が紹介されています。
新建築 住宅特集(9402)
発行:1994/2/1 新建築社
豊島区東池袋にあるS造の家が紹介されました。(設計/児島泉+西森陸雄/フラグメンツ)

よくある質問

お問い合わせ

性能ガイド

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ
このページのトップへ