構造

耐震性能

耐震性能は、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の住宅性能表示制度に基づく、耐震等級2以上を確保しています。耐震等級2とは、建築基準法レベルの建物強さの1.25倍の強さです。

構造材の品質

構造材の品質で重要なのはヤング係数と含水率です。ヤング係数とは、荷重をかけたときの部材の変形のしやすさです。含水率は、木材に含まれる水分量ですが、水分量が少ないと狂いや割れが少なくなります。主要構造材については、プレカット工場で、ヤング係数70以上、含水率20%以下と測定された材料を使用しています。

地盤の強さ

建物にかかる力を地盤面にうまく伝えるために、一定以上の地盤の強さが必要となります。そのため、地盤の強さを明らかにするために、すべての現場で地盤調査を実施しています。調査の結果、強さが足りなければ地盤改良を行う場合があります。

保証

保証は、地盤保証、完成保証、住宅瑕疵担保責任保険(建物瑕疵保証)の3つがセットになった住宅総合保証制度を採用しています。

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ
このページのトップへ