構造:構造材の品質

構造材の品質で重要なのはヤング係数と含水率です。ヤング係数とは、荷重をかけたときの部材の変形のしやすさです。含水率は、木材に含まれる水分量ですが、水分量が少ないと狂いや割れが少なくなります。主要構造材については、プレカット工場で、ヤング係数70以上、含水率20%以下と測定された材料を使用しています。

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ
このページのトップへ