地域工務店とは

地域に根付いた家づくり

永く心地よく住み続けてもらうために。
私たちは多摩地域を中心に活動をし、地域材を用いて信頼のある地域の職人さんたちと一緒に家づくりをしています。何かあればすぐに駆けつけられるように、住みはじめた後もずっと顔の見える関係でありつづけたいと思っています。

そして、職人さんや地域の作家さんの「手仕事」を大切にしています。
「気持ち良く暮らしてもらいたい」「喜んでもらいたい」
つくり手が気持ちを込めて仕上げたものは永く愛着を持って使いたくなります。

家を建てるだけでなく、一人ひとりの暮らしや街、人とのつながりがより豊かになるような提案をする。私たちが地域工務店として大事にしていることです。

ワクワクするような家づくりへ

新築、リフォーム・リノベーション、模様替え…
「何から始めればいい?」「何をしたらいい?」と迷うこともたくさんあると思います。
土地探しやお金のこと、設計や工事のことまでスタッフが最後までサポートします。
多くの人にとって、家づくりは一生に一度のこと。ぜひ楽しみながら希望をふくらませてみませんか?

また、暮らしのヒントが見つかるように、私たちスタッフが手掛ける様々なイベントも開催しています。
完成した家を見られる「完成見楽会」や家づくりについて詳しく知る「家づくり学校」など、実際に見て・聞いて・体感しながら自分たちに合った暮らしを一緒に探していきましょう。
相談したいときはすぐそばにいる、そんな身近な存在に感じてもらえたら嬉しいです。

暮らしを守りづづける

家を建てた後に、守っていくことも私たちの大切な仕事です。
生活の変化や家族の成長、年月の経過とともに住まいのお手入れをすることで永く快適に住み続けることができます。安心して暮らしていただくために定期的な点検を行ったり、住まい手さん向けのメンテナンス教室も開催しています。

また、春には職人さんの仕事を体験できる「こども工務店」、年末には住まい手さんや職人さんを招いたお餅つきを開催しています。
家を建てた後は、会う機会が少なくなる職人さんたち。つくり手と住まい手がつながり続けられる場をつくることも地域工務店の大切な役割です。

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ

Contents

このページのトップへ