タイル

里見 彰

おだやかな笑顔と仕事に対する真摯な姿勢から、みんなに慕われている里見さん。
家づくりの職人さんたちとAIBAスタッフが集う「相友会(あいゆうかい)」の会長も務めています。

お仕事へのこだわりは「自分が納得するまで手をかけること」。
タイル職人の里見さんは、キッチンなどに貼る小さなタイルから、玄関土間の大きな大谷石まで様々な素材を扱っています。
同じように見えるタイルにも、実は一つひとつ微妙な癖あります。タイルを貼る際は、この微妙な癖を読みつつ全体の形を整えることが大事です。とても繊細な作業ですが淡々とこなし、最後のワンピースも何事も無かったかのように、ピッタリと納めてしまう様子はまさに職人技。

職人の仕事をやっていて嬉しかったことは「異業種の職人さんと友達になれたこと」だという里見さん。
休日は愛車のハーレーにまたがり、相友会のメンバーでツーリングに行くのが楽しみなのだそうです。

ブログで職人さん紹介
>「タイル屋さんの仕事」

Profile

里見 彰 (さとみ あきら)
  • 職人:35年
  • 好きな食べもの:肉料理
  • 趣味:音楽(楽器)演奏。バイクツーリング。

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ

Contents

このページのトップへ