AIBAの家を支える手仕事

家づくりになくてはならないパートナー

家づくりにおいて、職人さんの力は欠かせません。 それも多くの職人さんたちの力があってはじめて家はつくられます。 大工さんは勿論のこと、左官屋さん、塗装屋さん、鳶さん、板金屋さん、水道屋さん、電気屋さん、建具屋さん、タイル屋さん、 この他にもたくさんの専門の技術や経験を持った職人さん達に支えられて家は建ち上がります。 それぞれに一般の人では持ち得ない専門性や手わざ、 誠実さを持ち合わせた信頼できるパートナーです。

長年大事に使い続けてきた仕事道具はもはや職人さんたちの身体の一部。

手仕事の魅力

「職人さんの手わざが存分に発揮されるように」
そんな想いから、相羽建設ではキッチンや洗面台などを大工さんが手づくりしたり、漆喰の壁にすることで左官屋さんの技が見えるようにしたり。
家のいたるところに職人さんの手仕事が見えるような家づくりをしています。
普段生活している中ではなかなか見ることができない職人さんのお仕事。工事中もぜひ皆さんに見に来ていただけたら嬉しく思います。

一人ひとりの手仕事の積み重ねが誠実な家づくりへとつながります。

職人さんがつくる家具

職人さんの手仕事の魅力を伝えるもう一つの取り組み「わざわ座 大工の手」。
家づくりで使われる材や端材・古材を用いて、その家を手がけた大工さんがつくる家具。
大工さんならではの手わざを暮らしに身近な家具として表現したものです。
つくり手と使い手、お互いの顔が見えることで「永く大切に使い続けたい」という価値観を育み、家を愛おしく感じるきっかけとなることを願います。

普段家づくりで使われる素材や端材を用いて大工さんがつくるダイニングテーブル。

地域の素材を使うこだわり

私たちがなぜ国産材・地域材を使うのか

相羽建設の木の家づくりを支えている仕組みの一つが「地域材の利用」です。
その土地の気候風土で育った木は、建てた後も長年、雨風に耐える力を持ち、 さらにその地域で仕事をする職人さんたちはその土地の木の性質を熟知しています。 それが上質で心地よく、永く住み続けられる丈夫な家づくりへとつながります。 また、地域材を使って家づくりをすることで、 山を元気に保つサイクルへと貢献することもできるのです。

地域材を使った「地産地消」の家づくりで森を元気に

自然素材の安心感

「木」という素材になぜかホッとして、触れることで癒される。 裸足で歩く心地良さ、爽やかな香り、夏のじめじめした湿気を吸収してくれたり、 人の手で加工しやすい、手入れするほどに味が出るなど、「木」が持つ魅力は数えればキリがないほど。 遠い昔から日本人の生活のすぐそばにあって、暮らしを豊かなものにしてくれる素材。 愛着が増し手入れをして大切に暮らしたくなる。 そんな家をつくるために、相羽の家づくりでは目や肌に触れる場所に多くの「木」を使っています。

大人にも赤ちゃんにも優しい無垢材の床

植えて、育てて、伐って、また植える

上手に木を使うことは、環境負荷を低減することに繋がります。 輸入材に比べ国産材・地域材を使うことで輸送に必要とされるエネルギーが少なくすみ、CO2の排出量も削減できます。 地域で育った木は、土地の気候風土を覚えています。 近くの山の木を使うことが家づくりにおける適材適所につながるのです。 木が循環し山が活性化することで、緑のダムとなってくれます。 しっかり根を張ることで土砂崩れも防ぎ、強い風も防ぎ、 水や空気をきれいにしてくれることで上流の川も澄み、さらにその先の海の豊かさにも繋がります。 地域材で家を建てることは、50年後の元気な山をつくることになるのです。

家づくりが次世代へとつながる大きな自然のサイクルへの貢献に

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ

Contents

このページのトップへ