小金井市:家族と一緒に成長する家

小金井市:家族と一緒に成長する家

小金井市:家族と一緒に成長する家

「ずっと木の家に住みたいと思ってました」という想いから完成した I さまのお家を訪ねました。
5年経ったパインの床はほんのり飴色になってしっとりとした艶があり、お手入れするたびに家がこたえてくれる可愛がり甲斐のあるおうちとなりました。
最初はワンルームだった2階の子ども部屋では、子どもたちの成長に合わせて間仕切り工事が施され、2部屋になっていました。

きれいな飴色の色彩を放つリビング

窓の外が眺められるカウンターキッチン

間仕切りを施した子ども部屋

木材や毛糸を使った手作り装飾

子どもたちの絵が飾られたロフト

木の暖かさを感じられる浴室

■STORY

「一緒に育つ記念樹」

玄関先に植えられているギンバイカは、「祝いの木」としてお子さまの小学校入学時に記念樹として配られたもの。
初夏に白い花が咲き、冬にかけて青い実がなり、四季折々の景観を楽しむことができます。 

アプローチの植栽は、I さまのご近所のお花屋さんによるもの。
デッキの前にはちいさな畑があり、夏は家庭菜園になります。 

奥さまは「鳥が遊びに来る家が憧れ」とのことで、他にも鳥が食べに来られるようにジューンベリーなどの実のなる木も植えられていました。
様々な植物で彩られた玄関では、可愛らしい置きものがお出迎え。

植物たちも家族と一緒にすくすく育ちます。

 >「家族と一緒に成長する家」が掲載されているainohaはこちら  

見どころマップ

設  計

相羽建設(仲田) 

建物概要

建物延床面積 106.85平米(32.25坪)

木造2階建て

 
主な仕上 外壁 ガルバリウム銅板・小波(ネイビー)+モルタル下地 / リシン吹付(アイボリー)
内部 壁:土佐和紙 月桃紙 さわら板貼り / 床:土間コンクリート下地 フローリング 桧 J パネル 桧構造用合板 / 天井:土佐和紙 さわら板貼 桧構造用合板
完成 2004年10月
大 工  大森大工
監 督 相田監督
営 業 相羽(照美)

 

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ
このページのトップへ