第12回

現場確認

現場の確認に、建築家の伊礼智さんが訪れました。
 

 

現場は大勢の職人さんが力を合わせて「追い込み」の真っ最中。

伊礼さんは所員の福井さんと現場監督の渡邊さんと共に、
テンポよく建物の外部・内部と確認を行っていきます。
 

そして最も時間をかけて確認と検討を行ったのは、
リビング横の「開口部」でした。
 

アイランドプロファイル社製の窓を含めて
「ガラリ窓」や「レース障子」など、
様々な試みが凝縮されたその開口部は、
完成後にとても居心地がよくなるであろう場所。

 

開口部を絞り込んだ上で、細部まで情熱を注いでいる様子が
伝わってきました。

現場での短い時間の中で、たくさんの言葉が語られました。
 

 

「i-works2015」は3.5間角をベースに、
伊礼さんが追求する「設計の標準化」の手法を活かして
デザインされました。
 

磨き抜かれたそのシンプルなプランは、
様々な敷地に対応して庭もつくることができ、下屋の工夫で
無限のバリエーションが生まれる、
住宅設計の“一つの解”と言えるものです。

ちょうど今日から造園家の小林賢二さんによる外構工事がスタート。

秋津園芸さんとのコラボレーションによる庭づくりも
着々と進められています。

たくさんの人が関わっての「i-works2015」モデルハウス、
お披露目も間近です。

(第13回へ続く)

2015.03.05