第25回

舎庫の「たてかた」

 

いよいよ、舎庫の「建て方」がはじまりました!

一日目の様子からお伝えします。 

 

 

 

工藤大工さんと渡邉監督、

そして中学校の夏休みに職業体験に

参加している陽平くんが作業を進めていると…

 

 

 

小泉誠さんもKoizumi studioのスタッフの皆さんと一緒に

様子を見に現場にきてくださいました。

 

 

 

 

舎庫の設計担当を担うKoizumi studioの馬場さんと渡邉監督。 

 

 

舎庫は、柱や梁を設けずに、厚みのある三層の木製パネルを
立ち上げて壁構造をつくりながら工事が進められていきます。

はじめての構造で、渡邉監督も直接現場で

工事に携わりながら建物をつくっていきます。

 

 

 

 

つむじプロジェクトでは定番となった

「朝練」でチェックと打合せをしながら

現場の作業は続きます。

 

 

 

 

 

 

昼前には武蔵野美術大学の小泉ゼミの学生さんや

他校の学生さんもいらしてつむじ見学。

とくに小泉さんの設計した小さな小さな

「舎庫」にはみんな興味津々です。

 

 

 

見学が終わったら小泉先生からのレクチャー。

贅沢な時間です。

レクチャーをうらやましく横目に見ている間にも

工事は着々と進みます。 

 

 

舎庫の基礎となるブロックの上に土台を敷いて、

Jパネルを壁材として立ち上げていきます。
 
一日目は一階部分の壁まで。

 

 

 

 

(第26回へつづく)

2015.08.30