第29回

舎庫の庭づくり


夕方

つむじに行くと
造園家の小林賢二さんが「舎庫」の庭づくりの作業中。
 

新たに植栽を植えながら、
アプローチの部分の石を調整中。
 
 
これから工事が始まる木造ドミノ3階建ても
あるので、工事の作業スペースも考えながら
少しづつ庭を作ってくださっています。


 

周囲のシートが外れ、木製チップが引き詰められ、
石や植栽が入ってくると、舎庫の建物が
「すっくと土地に立ってきた」
感じがします。 

 


庭に置いて愉しむ小さな彫刻。
  
これも造園家の小林賢二さんがつくったものです。
大きな石を割ったときに出る端材(端石)を利用して
つくった小さな手水鉢。
張られた水に写る草の様子がなんとも美しい。

 

建物の前に人が立つとスケール感も伝わりやすいでしょうか。
このコンパクトな空間にどんな仕掛けがあるのか
お披露目できる日はもうすぐ。
 

(第30回へつづく)

2015.09.13