第20回

小泉さんの「小さな空間」

2015年2月に建築家の伊礼智さんの
「i-works2015」がお披露目となり、
時はしばらく過ぎて、春になった頃。

 

つむじの敷地の奥まったところに、
「小さな空間」をつくろう……という
プロジェクトが静かに動き出しました。

 

 

ちょうど2013年くらいから、
建築業界でも「小屋」というテーマが注目を
集めるようになり、小屋のまわりでさまざまな
取り組みが行われるようになった頃でした。

 

たとえば、建築家の中村好文さんによって
TOTOのギャラリー間で開催された
「小屋 においでよ」展では
2ヶ月の会期中におおぜいの来場者が訪れ、
同氏の長年の取り組み(信州は御代田での実験住宅や、
住宅設計の中での数多くの魅力的な事例や、
その設計手法など)に注目が集まったり。

 

 

出典:中村好文展「小屋においでよ!」 TOTO ギャラリー間
   http://www.toto.co.jp/gallerma/ex130417/exhbt_rpt.htm

 

■中村好文展 Yoshifumi Nakamura「小屋においでよ!」
 会期:2013年4月17日-6月22日
 会場:TOTO ギャラリー間
 http://www.toto.co.jp/gallerma/ex130417/ 

 

 

 

さらに、住宅のポータルサイトを運営するSuMiKaさんが東京の
ど真ん中「虎ノ門」で開催した「小屋展示場」という
イベントに、一週間で約12,000人を超える来場者が
訪れたり……。

■小屋展示場
 会期:2014年10月4日-10月11日
 会場:虎ノ門ヒルズそば複数会場
 https://sumika.me/koyatenjijo/ 

 

 

そう、まさに建築業界や住宅業界を飛び越えて、
世間全体でも「小さな空間」に
そわそわ、じわじわと

 

「何かが起こるんじゃないかな?」

「どうも面白そうだ」

「私にも関係あるのかな?」

 

と注目が集まってきていたのです。 

 

 

そんな中、
つむじの場所をどう計画していくかを考えていた
相羽は思いつきました。

「小泉さんが考える
 『小さな空間』って、
 きっと楽しくて、みんながワクワクする場所に
 なるんじゃないだろうか……??」

 

 そう、小泉誠さんは箸置きから建築まで
生活のあらゆる道具に携わる家具デザイナー。

 

家具は時に建築となり、
建築も時には家具となる

 

……その境界線をあいまいにしながら、
小泉さん独自の寸法やデザインの言語で、
極限までシンプルでありながら、
今までにない空間や場を創り出していく
デザイナーが小泉さん。 

 

そんな小泉さんが、つむじの場所に
「小さな空間」を設計・デザインしたら…… 

 

 

 

(続きます!) 

(第21回へ続く)

2015.08.28