住まいの実例100Life

心地良い距離感の二世帯住宅

i-works

心地良い距離感の二世帯住宅

緑あふれる空間に、親世帯と子世帯が気配を感じながらいい距離感で暮らす住まい

建物名:
i-works
場 所:
東京都文京区
住い手:
A邸+K邸(ご両親+ご夫婦)

Life

 今回ご紹介するのは、完成してから1年半ほど経つA様とK様の二世帯の住まい。都心に立地しながら、蝶がひらひらと舞う豊かな庭が暮らしを彩ります。

ストーリー

A様ご夫婦と相羽建設とのお付き合いは10年ほど。「こういう家に住みたかったんだ!」とA様ご主人が気に入ってくださった「木造ドミノ住宅」の家が1軒目。そして今回が相羽建設と建てた2軒目の住まいとなりました。この家で、娘さんご夫婦であるK様と同居。互いに良い距離感を保つポイントや、それぞれの暮らしぶりを伺いました。

心地良い暮らしを引き継ぎ、新たな楽しみがプラス

A様ご夫妻(親世帯)
 アメリカ在住時に購入したダイニングテーブルやご主人が蒐集してきた本など、家族と共に育ってきた物たちが囲む2階のリビング・ダイニング。こちらに何十年も住んでいらっしゃったかのように、A様の暮らしと住まいが馴染んでいます。「3階建てにして南側を空けることで、住宅密集地でも呼吸できる感じに」とご主人。1階の寝室も明るく驚かれているそう。設計は、以前の住まいの点検をしていた中村が担当。「バリアフリーに関しても意見が合って。手に合わせて手摺りを細くしてもらいました」と奥様が笑顔で振り返ります。2軒目ということで修正点ばかりかと思いきや、変更は掃除しやすいよう水廻りにタイルを貼っただけ。「前のような家を建てたかったんです」と嬉しいお言葉を頂戴しました。新しい環境でも、町内会の活動や庭仕事など、充実した日々を送っていらっしゃいます。

南向きの窓から燦々と陽が入るリビング・ダイニング。
南向きの窓から燦々と陽が入るリビング・ダイニング。
キッチンからの眺め。左側に和室が。
キッチンからの眺め。左側に和室が。
和室は3畳で十分な広さ。
和室は3畳で十分な広さ。
明るい階段にも本棚を設置。
明るい階段にも本棚を設置。
ご主人ご希望の広いバルコニーも緑で溢れます。
ご主人ご希望の広いバルコニーも緑で溢れます。

「暮らす」と「働く」をつないだ住まい

家で仕事をなさるご夫婦のご希望は、プライベートと仕事とを分けることでした。「ワークスペースを設けたことで、ON・OFFを切り替えられています」とご主人。3階のリビング・ダイニングは、A様邸とほぼ同じ間取りですが、ご夫妻の趣味の物で彩られ、異なる雰囲気に。「特にキッチンや水廻りがお気に入りで、使う度に好きだなと感じます」と奥様。日当たりと断熱性の良さに、ご主人も「何をするにも豊かになりました。お酒がより美味しいです」と満足気にお話しくださいました。寛ぐ猫ちゃんからも快適さが伝わってきます。

作られた場所も時代も異なる家具が並ぶリビング・ダイニング。
作られた場所も時代も異なる家具が並ぶリビング・ダイニング。
2階のワークスペース。
2階のワークスペース。
 MARUNI COLLECTION × minä perhonenのソファは奥様お気に入り。
MARUNI COLLECTION × minä perhonenのソファは奥様お気に入り。
青タイルが爽やかな洗面スペース。猫ちゃんがちらり。
青タイルが爽やかな洗面スペース。猫ちゃんがちらり。

風が抜ける居心地の良い場所

■ポーチ前に広がる心和むお庭■
 「蝶が集まるように」とA様の奥様が土作りから手を掛けるお庭。シンボルツリーのヤマボウシは、以前の住まいで最初に植えた思い出の木です。草花や蝶を見に、近所の子どもたちが訪れるそう。

バルコニーが庇となったポーチ。
バルコニーが庇となったポーチ。
綺麗に並んだお庭の道具たち。
綺麗に並んだお庭の道具たち。
基本設計はアルテ造園に依頼。
基本設計はアルテ造園に依頼。
塀は作らずオープンに。
塀は作らずオープンに。

■気配を感じながらいい距離感で暮らす■
 敷地は、A様ご主人の実家で、K様も暮らしていた縁のある場所。こちらに二世帯住宅を建てるのは、自然な流れでした。「音を遮ることが二世帯住宅のポイント」と中村。一つ屋根の下でもプライバシーを保ちつつ、家族のつながりを感じられる住まいを実現しました。

グリーンカーテンが目を引く外観。
グリーンカーテンが目を引く外観。
A様奥様の手作りアップルパイをいただきました。
A様奥様の手作りアップルパイをいただきました。
A様とK様。ポーチで記念撮影。
A様とK様。ポーチで記念撮影。

取材後記

「私たちが建物の形を決める。その後は建物が私たちを形作る」。「木造ドミノ住宅」の開放感が、A様とK様のお人柄や暮らしぶりとフィットしていて、イギリスの政治家ウィンストン・チャーチルが残したこの言葉を思い出しました。貴重なお時間をありがとうございました!
(記:ライター 大川)

戻る

AIBA 100 Story

PAGE TOP