住まいの実例100Life

手を入れながら愛着が深まる家

木造ドミノ住宅

手を入れながら愛着が深まる家

『10年経って、今が最高』ー明るく笑いの絶えない佐々木家。家族と手を加えながら住んだ今の家が好きという自然素材の味わい豊かなお宅にお邪魔しました。

建物名:
木造一戸建て(木造ドミノ)
場 所:
東京都国立市
住い手:
佐々木邸(ご夫婦+お子様2人)

Life

今回ご紹介するのは、竣工から10年目を迎えた佐々木邸。当社メンテナンスリフォーム部の佐々木清さんと奥様、2人の子どもたちのお住まいです。「住んで10年。今の家が一番好き」と家を大切に愛おしむ仲良し家族の暮らしを訪ねました。

ストーリー

竣工して間もない頃に『ainoha vol.2』でも掲載しました。前回掲載時と比べて、庭の緑が濃くなり、木の家と馴染んでいます。「『となりのトトロ』に出てくるような、茂っているけどいい雰囲気の庭になるといいなと思って」と奥様。ジューンベリーやさくらんぼ、ゆずなど、実がなる木が中心です。それでも「鳥に先に食べられちゃって。アイツらいい頃合いを狙っているんですよ」と清さんは笑います。佐々木邸は梅林や湧水で知られる「谷保天満宮」に近く、周辺に緑が多い環境。この場所を選んだ大きな理由です。「社員寮に住んでいたので、いつか出なきゃと自然な流れで家づくりを進めていましたが、引渡しの時に当時の社長から”お引渡し状”をいただくなど、家づくりに対する皆さんの想いを感じて感動しましたね」と奥様は振り返ります。竣工当時はヨチヨチ歩きだった子どもたちが、今や中学生と小学生に。こちらの住まいでの10年間や住み心地を伺いました。

夢を繋げられる 広い玄関とLDK

玄関を上がると、庭に面した明るいLDKが広がります。玄関は土間が広く、LDKとの仕切りの引き戸を開け放つと一層の大空間に。大きな引き戸にしたのは“将来カフェ化計画”の一環。お客さんが大勢来ても、入口からカフェスペース(現LDK)に入りやすいようにするためです。「谷保天満宮の参拝客が多いのに、この辺はお店がなかったので、カフェにしたプランも描いたんですよ」と清さん。「当時は若かったんだな」と笑います。「建てるんだったら色んなことを想像して、色んな可能性があったら楽しいねって主人が。そんな風にして建てたおうちなので大事だし、住んでいて愛着もあるし。夢を実現できるように建てられて良かったなって思います」(奥様)。食事や団欒、宿題と、ほとんどの時間を大きな円卓周りで過ごすのが佐々木家のスタイルです。「僕は寝室にいるかソファにいるか。ソファにいると“そこに親父がずっといるから仕方ない”って子どもが良い距離感を保ってくれて。思春期ですけどコミュニケーションが取れています」(清さん)。

楢の円卓は「laboratory」でオーダー
楢の円卓は「laboratory」でオーダー
キッチンから。家族の様子や庭を見て料理できることが奥様の希望。
キッチンから。家族の様子や庭を見て料理できることが奥様の希望。
「シンク・コンロ・冷蔵庫が三角にまとまり使いやすいです」と奥様
「シンク・コンロ・冷蔵庫が三角にまとまり使いやすいです」と奥様
エアコンはキッチン棚の中に
エアコンはキッチン棚の中に
子どもの作品
子どもの作品
奥様が集めた雑貨や緑
奥様が集めた雑貨や緑

住まいのみどころ

■成長と共に生まれるそれぞれの居場所■

 2階の一角が娘さんのスペース。壁を設けて個室にすることも可能です。アウトドアが趣味の佐々木家。特にスノーボードがお好きで、ワックス掛けに広い玄関土間が活躍。小屋裏では息子さんがゲームをするなど、LDK以外での時間も楽しんでいらっしゃいます。

娘さんのスペース
娘さんのスペース
固定階段で行き来しやすくした畳敷の小屋裏。木造ドミノ住宅の三角屋根を活かしてスノーボードが収納されています。
固定階段で行き来しやすくした畳敷の小屋裏。木造ドミノ住宅の三角屋根を活かしてスノーボードが収納されています。
玄関は清さんの自転車を置ける広さ
玄関は清さんの自転車を置ける広さ
奥様のミシンコーナーで「ainoha vol.2」に掲載した写真を再現
奥様のミシンコーナーで「ainoha vol.2」に掲載した写真を再現
(ainoha vol.2 表紙より)
(ainoha vol.2 表紙より)

■手を入れながら愛着が増す木の家■

 この10年間、フローリングにワックスを掛けたり、土佐和紙の壁上に家族みんなで湯布珪藻土を塗ったりと、手を加え続けています。「日々手を入れていくことで、おうちを自然と愛するようになりますね」と奥様。

大きな窓から庭が眺められる浴室。定期的なお手入れのおかげでとても綺麗。
大きな窓から庭が眺められる浴室。定期的なお手入れのおかげでとても綺麗。
.円卓は定期的に回してムラなく経年変化
.円卓は定期的に回してムラなく経年変化
柱には成長の記録が
柱には成長の記録が
床は杉材。10年経っていい色艶に。
床は杉材。10年経っていい色艶に。

取材後記

 竣工から10年、暮らしと木とが馴染んでいる様子が素敵でした。新築にはない風合いが家族の歴史を物語ります。清さんがおススメしてくださった「谷保天満宮」。湧水が流れる川が気持ちいいそうで、じっくり散策してみたいです。休日の貴重なお時間をありがとうございました!
(記:ライター大川)

戻る

関連リンク

AIBA 100 Story

PAGE TOP