住まいの実例100Life

永く使い込む楽しみのある家

木造一戸建て

永く使い込む楽しみのある家

伊礼智さんが提案する「標準化」された家づくり

建物名:
i-works project 1.0(木造一戸建て)
場 所:
東京都八王子市
住い手:
N邸(ご夫婦+猫2匹)

Life

伊礼智さんが提案する「標準化」された家づくり。
i-works project 1.0に住みはじめてからちょうど1年ほど経った現在の暮らしぶりや、建築当時の家づくりについて伺いました。

ストーリー

お父様が建築士、おじい様が大工だったというご主人と、建築士のお仕事をしていた奥様。お二人にとって"家"は身近な存在でした。

そのため、自分たちが家を建てる際も愛着を込め、流行り廃りなく永く使い込めるような住まいにしたい――そんな想いがあったそうです。

 

「いよいよ家を建てようと思って、自分で設計するか建築家さんにお願いするか迷っていたら、ちょうど本屋で伊礼さんの本に出会ったんです。『標準化』というのが私たちの価値観に合っていて良いなぁって。その後『i-works project』という家があることを知り、さっそく茨城県にあるモデルハウス*まで見に行ったら、もう一目惚れでした!」。

*i-works 1.0 つくばモデルハウス(柴木材店)

リビングの一角にあるワークスペース
リビングの一角にあるワークスペース

居心地の良い場所

吹き抜けのある、ゆったりとした1階リビング。休日には、大きな窓から外の景色を眺めつつ、薪ストーブの炎で暖まりながらソファでまったり……そんな贅沢なひと時を楽しまれているN様。

家が完成してからはじめての冬を迎えて、薪ストーブを使った料理も楽しまれていました。

 

「改めて家づくりを振り返ると、"良いものが決まっている状態を選べる"っていう『i-works project』の特徴が私たちにはとても良かったです。トータルコストも最初から見えていたし、ここをもっとこうすればよかった!みたいな後悔もないし。違和感なく住みはじめられましたよ。あと、以前住んでいた家では猫たちが部屋を自由に行き来できなかったので、この子たちにとっても住みやすい家になったんじゃないかな」と笑顔でお話しくださった奥様。

 

取材中も2匹の猫ちゃんたちが薪ストーブの前で暖をとったり、元気よく走り回ったりしていました。

シンプルですっきりとした空間の1階リビング 壁材はビーナスコート、床は無垢の杉材を使用
シンプルですっきりとした空間の1階リビング 壁材はビーナスコート、床は無垢の杉材を使用
洗面浴室
洗面浴室
誰もが心地よいと感じる、飽きのこない住まい
誰もが心地よいと感じる、飽きのこない住まい

暮らしを楽しむ

■自宅でアウトドア気分に■

ご夫婦一緒にはじめたという趣味の山登り。家の中にはコンパクトに収納できるアウトドアグッズがたくさんありました。

 

「山登りも道具も好きなんです。とくに使い込んだものが良くて。家も道具の延長線上にあるものだなぁって思ってます」とご主人。

 

天気の良い日はウッドデッキでお湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、ハンモックを設置してのんびり風に揺られてみたり……家にいながら、ちょっとしたキャンプ気分を味わうことができます。

■なにげない日常が楽しくなる■

1階はリビング、キッチン、ワークスペースなどそれぞれの場所がつながりつつも、ほどよい距離感が保たれています。また2階からつながる籠り部屋はご主人の趣味のスペースに。

何気ない日常の暮らしが楽しくなる、そんなN様の住まい。

白をベースにした収納豊富なキッチンスペース
白をベースにした収納豊富なキッチンスペース
ご主人の好きなものを集めた趣味のスペース
ご主人の好きなものを集めた趣味のスペース
家の中がじんわり暖まる薪ストーブ
家の中がじんわり暖まる薪ストーブ

取材後記

つくばのモデルハウスを見て「これと同じ家を建てたい!」と感動したというN様。私自身もN様の住まいを拝見して「こんな素敵な家ならば是非私も住みたい!」と同じように感動しました。実際に五感で体感できることってやっぱり大事ですね。細かくつくり込める注文住宅の良さとはまた違う、良いと感じた家をそのまま建てられるのが企画住宅ならではの良さなのだなぁと改めて感じました。
(記:広報 吉川)

戻る

関連リンク

AIBA 100 Story

PAGE TOP