小金井市:じっくりと手をかけて暮らす

小金井市:じっくりと手をかけて暮らす

小金井市:じっくりと手をかけて暮らす

関連するキーワード:

閑静な住宅街に囲まれ、梅林や畑、紫陽花などが見え隠れする場所に A さまのお住いはありました。
庭仕事をしたり子どもがのびのびと暮らせるようにと考えはじめたことをキッカケに家づくりがスタート。
 「じっくりと手をかける暮らしを大切にしたい」
そんな想いからOMソーラーを設けた自然素材のお家が完成。

9年もの時を経たご家族の暮らしはとても長閑で情趣ある暮らしぶりでした。 

味わい深いリビング

暖かい照明に照らされるキッチン

こじんまりとした和室

愛用の調理器具や食器

緑豊かなウッドデッキ

自然素材を使った扉を設けた玄関口

◾️ STORY

北側からの優しい光

北に向けられた A さまのお住い。
南にお隣の家が迫っていたことや北から梅林などの緑が眺められることで思い切って北側に大きな窓と吹き抜けを設け、日中の明るい光を室内へ呼び込んでいます。
子ども部屋、和室、寝室。
2階のあらゆる部屋からやわらかい光が差し込み、居心地のよい空間を演出します。

家を建ててから9年。
リビングの床は経年美化で味わい深い色を放っていました。
A さまご夫婦が結婚時に購入されたという想い出の家具も、年月を重ねるごとに家全体に馴染んでいきます。
ダイニングからはモミジやマンサクなど四季の変化に富んだお庭の様子が眺められたり、朝の清々しい光が差し込む中で朝食を楽しめたり……。
時にはカッコウやウグイスの姿も♪

太陽の陽が家全体を包み込み、生み出される自然素材の温もりはとても鮮麗。
家族とともに時を経て変わっていく素敵なお住いです。

  >「じっくりと手をかけて暮らす」が掲載されているainohaはこちら  

見どころマップ

設  計

相羽建設(白井)

建物概要

建物延床面積 78.97平米(24.37坪)

木造2階建て

 
主な仕上 外壁  モルタル下地 ソフトリシン吹付 
内部 壁:薩摩中霧島壁・シナ合板 / 床:豆砂利洗い出し仕上(玄関土間)・パイン材 / 天井:土佐和紙貼・さわら板張 
完成 2006年6月
大 工  
監 督  酒井監督
営 業  佐々木 清

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ
このページのトップへ