所沢市:おしどり夫婦の家づくり

所沢市:おしどり夫婦の家づくり

所沢市:おしどり夫婦の家づくり

ソーラータウン西所沢のまちに住みはじめてから2年が経ち、
ご近所さんとの交流を楽しみながら日々を過ごされている M 様ご夫婦。

周りに自然が適度にあって、敷地の中にも緑が多い家がいっぱいある。
ここに住むことを決めたキッカケの一つが『土地の魅力』でした。

やわらかい陽が射し込むダイニング

薪ストーブのある小さな土間

ゆったりとした時が流れるリビング

薪ストーブ

風通しの良いテラス

花火の見えるインナーバルコニー

◾️ STORY

ご夫婦で建築のお仕事をされている M さま。
実は、この家もご自身で設計されたお住いです。

玄関からダイニング、
そして庭まで続く大谷石の土間は「通庭」と命名。

「タウンの方がふらっと立ち寄って
 一緒に食事をつくったり食べたりできる場にしたい」

そんな M さまの想いからつくられました。

タウンの人がたまたま集まったのがキッカケで、
今では薪ストーブを楽しみながら牡蠣を食べる
「薪カキ会」が冬の恒例イベントになりつつあるそうです。

朝は鳥の鳴き声で目が覚め、
昼間は近所の子どもたちが楽しそうに遊ぶ声に元気をもらい、
夏の夜は鈴虫の声を聞きながら眠る……。

「季節や天気によってくつろいだり、
 寝る場所を自由にかえたりしています。
 その時々によって居心地の良い場所を探す猫のように過ごしています」

季節ごとの部屋の特徴を楽しみながら、
何気ない生活の中に小さな幸せを感じる素敵なお家です。

 

 >「おしどり夫婦の家づくり」が掲載されているainohaはこちら  

見どころマップ

設  計

施主様設計

建物概要

建物延床面積 92.76平米(28.10坪)

木造2階建て

 
主な仕上

外壁:カラーガルバリウム鋼板・角波板張・ラスモル・モイス・構造用合板 

内部

壁:PB・シナベニヤ・シナランバー・サワラ縁甲板・ラスモル

床:大谷石・杉フローリング・縁なし畳・タモ練付・Jパネル・シナ合板・米杉・目透かし張・構造用合板

天井:PB・サワラ縁甲板・ケイカル板

完成 2014年9月
大 工 秋山・柳原大工 
監 督 渡邉監督
営 業 遠藤 誠

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ
このページのトップへ