羽村市:木造施設「まつぼっくり保育園」

羽村市:木造施設「まつぼっくり保育園」

羽村市:木造施設「まつぼっくり保育園」

「子ども達の豊かな想像力や自発性を育みたい」という園長先生の想いを込めて、2014年の夏からはじまった保育園の建て替え工事。約8ヶ月の期間を経て、木造施設「まつぼっくり保育園」が完成しました。

絵本部屋のあるエントランスホール

中庭と教室をつなぐ廊下

ランチルーム&ホール

家と同じ天井の高さの落ち着いた空間

冬に暖かい薪ストーブ

歳の違う子ども達が一緒に遊べる教室

■みんなでつくる保育園

この保育園の特徴は、中庭を囲むようにして建てられた平屋の教室。今までは年齢ごとに部屋を仕切って保育していましたが「歳の違う子ども達同士が顔を合わせる事でお互いの成長につながるように」と、あえて部屋の境目をあいまいにし、子ども達が自由に行き来できるようにしています。また、先生たちにも「施設」ではなく「ちょっと大きな我が家に帰ってきた」ような居心地の良さを感じて働いてもらえるように、部屋の天井を普通の家と同じ高さにしています。

設計は袴田喜夫建築設計室 。「建物が完成して終わりではなく、これから先生や子ども達みんなで保育園の使い方や新しいカタチをつくっていきたい」という設計担当の龍治さん。園内の所々に、自由な発想を引き起こさせるような工夫が込められています。
みんなで一緒に体験しながら成長していける保育園です。

>「まつぼっくり保育園」が掲載されているainohaはこちら  

■まつぼくり保育園の冬の様子(動画)

「まつぼっくり保育園」では、子ども達のじょうぶな身体・豊かな心を育もうと、『体感』や『食育』を大切に考えた保育に取り組んでいます。
2016年の11月、園をたずね、子ども達の表情や同園で働く先生たちのお話をお聞きしました。

見どころマップ

設  計 袴田喜夫建築設計室
建物概要 敷地面積 1169.30平米(353.71坪) / 建物延床面積 588.65平米(178.06坪)
主な仕上 外壁:サイディング
内部 壁:EP塗装・壁紙 / 床:カバ・青森ヒバ無垢フローリング / 天井:EP塗装・壁紙
完成 2015年3月
大 工 秋山棟梁・菊池大工・菅野大工・高橋健二大工・柳原大工
監 督 荻野 照明 >>ブログ
写 真 アトリエ飯嶋
リンク まつぼっくり保育園のホームページはこちら

 

最新情報を受け取る

資料請求 メルマガ Facebook お問い合わせ
このページのトップへ